ハウステンボス「変なホテル」に宿泊

まもなく舞浜に2号店がオープン予定の変なホテルですが、ハウステンボスの1号店に宿泊してきました。

変なホテルへは、ハウステンボス入り口近くの「場内ホテル手荷物預かり所」から無料のシャトルバスも出ていますが、急がずにフツーに歩いても5分ちょっとで着けます。徒歩用に案内板も出ていますので迷わずにいけると思います。

変なホテル 入り口

変なホテル 入り口

フロントではロボットが受付をしてくれます。「スタッフを呼ぶ」ボタンもありますが、基本的に人間の従業員は見えるところには居ません。私たちはゆめこさんのカウンターで手続きしました。チェックインをすると、その場でルームキーが発行されます。

変なホテル フロント

変なホテル フロント

入り口とフロントのあるメイン棟の他に、A棟~F棟の客室棟とレストランがあります。私たちはC棟でした。

変なホテル 外

変なホテル 外

発行されるルームキーは1枚ですが、部屋に入るときに顔画像を登録すれば、顔認証で部屋に入れるようになります。もちろんルームキーを使えば入れるので、面倒であれば顔登録はしなくても大丈夫です。

変なホテル ドア

変なホテル ドア

ホテル自体全体的にそうですが、お部屋の中も白と黒を基調にしたモノトーンな感じの作りで、清潔感があります。

変なホテル 部屋

変なホテル 部屋

変なホテルは、ハウステンボスの裏口にあたる、アドベンチャーパークゲートの近くにありますので、ハウステンボスへはアドベンチャーパークゲートを通って出入りできます。少し高台な場所にあるので、ベランダからの見晴らしも良い感じ。

変なホテル ベランダから

変なホテル ベランダから

変なホテルはハウステンボスのオフィシャルホテルですが、フロントがロボット対応なので、オフィシャルホテル宿泊者だけが購入できる「1.5Dayパスポート」はアドベンチャーパークゲートで購入することが出来ました。購入時に変なホテル宿泊の証明等は求められなかったのですが、てことは(以下自主規制)

ちなみに部屋の中には、ちゅーりーロボというロボットが置いてあり、モーニングコールや、部屋の明かりのオン/オフ、天気情報の案内などをしてくれると書いてあります。「ちゅーりーちゃん」と呼びかけてくださいと書いてあるのですが…、これがなかなか反応しない(笑)

変なホテル ちゅーりーロボ

変なホテル ちゅーりーロボ

何回も話しかけてやっと「はい、なんでしょう」と反応したので「今日の天気」と言っても、「えっ?」って言われて終わったり。そのくせ、ウチの奥さんがくしゃみしたときには「はい、なんでしょう」って反応したり。。

あと、県名を当てるクイズ機能もあるのですが、

ちゅーりー「一番島の数が多い都道府県は?」
私「長崎県!」
ちゅーりー「ながさきけん?残念!正解は…長崎県です!」
私「・・・」

やっとこさ起動したのに、おちょくられて終わるという。

確かに変なホテルですが、綺麗ですしなかなか楽しめました。ハウステンボスからのアクセスも比較的良いです。本当に従業員は見えるところに居なくて、唯一遭遇したのは、チェックアウトの前に部屋を出たところで、掃除のお兄さんくらいでした。なんか気まずそうに「…おはようございます」って言ってたのが印象的でした(笑)

ちなみにレストランにはもちろん従業員が居ます。朝食で使用しましたが、宿泊者人数に対してキャパが少ないようで、時間帯によっては混むみたいです。私たちはギリギリ座れましたが、少し後に来た人たちは待つグループも居たみたいなので、ご注意下さい。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大広告