[JCB/ディズニー] パークチケット特典を比較してみました

JCBカードは、ディズニー関連の特典が豊富ですが、その中でも主要な特典として、東京ディズニーリゾート・パークチケットに交換する目的ならどちらがお得なのか、ディズニー★JCBカードとJCB ORIGINAL SERIESカードで比較してみました。

  • ディズニー★JCBカード(一般)
    • ポイントプログラム
      • ディズニーポイント(200円に付き1ポイント)
    • 東京ディズニーリゾート・パークチケット(1枚)に必要なポイント
      • 大人(18歳以上):7,400ポイント
      • 中人(中学・高校生):6,400ポイント
      • 小人(幼児・小学生):4,800ポイント
      • 還元率:0.5
    • 特典チケットの利用条件
      • 日付指定のないパークチケット(オープン券)。日付指定券限定入園日には利用不可
      • 東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシーどちらかのパークを1日限り利用可能
      • パークチケットのご利用有効期限:発送日から約10カ月
      • 入場制限時には利用不可
  • JCB ORIGINAL SERIESカード(一般)
    • ポイントプログラム
      • Oki Dokiポイント(1,000円に付き1ポイント)
    • 東京ディズニーリゾート・パークチケット(1枚)に必要なポイント
      • 一律:1,300ポイント(※大人・中人・小人の区別なし)
      • 還元率:0.36~0.56
    • 特典チケットの利用条件
      • 日付指定のないスポンサーパスポート。日付指定券限定入園日にも利用可能
      • 東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシーどちらかのパークを1日限り利用可能
      • パークチケットのご利用有効期限:お届けから約9ヵ月
      • 入園保証付き(入場制限時にも入園可能)

還元率では、大人のみで使用する目的なら、JCB ORIGINAL SERIESがお得。小人・中人の使用が多い場合はディズニー★JCBカードの方がお得です。ファミリーだと微妙なところですね…。

特典チケットを見ると、ディズニー★JCBカードはオープン券、JCB ORIGINAL SERIESカードはスポンサーパスポートなので、JCB ORIGINAL SERIESカードがお得です。

我が家はどちらもありますが、スポンサーパスポートになんとなく特別感を感じちゃったり。ま、入場制限時に入れたとしても、そんなに混んでるパークで遊びたいか…?という話なので、そんなに大きなメリットではないと思います。

ちなみに、ディズニー★JCBカードはゴールドカード会員であれば還元率は1(100円に付き1ポイント)になります。また、JCB ORIGINAL SERIESカードも、パートナー企業で使用することで、還元率は2~5倍(1,000円に付き2~5ポイント)になりますし、JCB STAR MEMBERS制度で、年間の利用実績に応じて還元率をさらに10~60%アップすることも可能です。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大広告