マクドナルド店舗でクレジットカード/交通系電子マネー決済が可能に

2017年下半期~2018年にかけて、全国のマクドナルド店舗(約2,900店舗)にて、クレジットカードや交通系電子マネー等、複数の決済サービスが順次導入されます。

マクドナルドではこれまで現金決済以外では、電子マネー「iD」「WAON」「楽天Edy」の決済サービスのみが利用出来ましたが、これにより選択肢がだいぶ広がります。

ICクレジットカードに対応したマルチ決済端末(キャッシュレス・オール・イン・ワンデバイス)が導入されるそうで、公式発表のイメージ画像を見る限り、クレジットカード決済はコンビニのようにサインレスではなく、暗証番号を入力して行う決済のようですね。

導入予定の決済サービスは以下。日本国内での主要な決済サービスにはほぼ全て網羅される感じです。

  • 電子マネー
    • nanaco
    • QUICPay+
  • 交通系電子マネー
    • Kitaca
    • Suica
    • PASMO
    • TOICA
    • manaca
    • ICOCA
    • SUGOCA
    • nimoca
    • はやかけん
  • クレジットカード
    • Visa
    • Mastercard
    • JCB
    • ダイナース
    • ディスカバー
    • アメリカン・エキスプレス
  • ギフトカード
    • JCB PREMO
  • NFC
    • Visa payWave
    • Mastercard コンタクトレス
    • J/Speedy
    • American Express Contactless

個人的にはdポイントカードを提示→読み込んで貰ってから「お支払いは?」→「iDで」の流れは変わらなそうですが、選択肢が広がるのは嬉しいですし、ファーストフード業界はどうしてもまだまだ現金決済がメインなイメージなので、大手が導入してくれるのはキャッシュレス決済の普及においても良いことですね。

ちなみに記事には関係ないですが、マクドナルドではdポイントカードって、原則決済の前に提示(&店員さんに読み込んでもらう)が必要なんですが、店員さんは大概結構忙しい感じなので、カルトン(お金を置く皿)にdポイントカード置いてても、読み込んでくれなかったりするんですよね…。なので最近はちゃんと手渡すようにしてます。ちなみに店員さんの読み込み忘れがあった場合、後付けでも付けて貰うことも出来るようなので、レシートを持っていってお願いしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大広告