コンビニでの電子マネー払いが便利!

なにを今更という感じですけれど(笑)

ポストペイ型の電子マネーはQUICPayしか持っていないのですが、すごく便利ですよね。クレジットカードもコンビニでは、高額決済で無い限りサインも暗証番号の入力も不要ですが、電子マネーの方が、店員さんにカードを手渡す必要がない分早いし楽です。

小銭をじゃらじゃら持ち歩かなくてすむし、ポイントも付くし、もうそれだけで十分便利なんですが、最近気付いたことがありまして。コンビニによって、電子マネーの読み取り機の形状が違いますよね。読み取り部分が斜めになっているものと水平になっているものがあります。

支払い時のオペレーションも微妙に違っていて、

  • 斜めの読み取り機
    • 私「QUICPayで」→店員さんがQUICPay払いを選ぶ→店員「お願いします」→カードをタッチ→QUICPay!
  • 水平の読み取り機
    • 私「QUICPayで」→店員「こちらにお願いします」→カードを置く→店員「画面にタッチをお願いします」→私がQUICPay払いを選ぶ→QUICPay!→カードを取る

だと思っていたので、断然ステップ数が少ない斜めの方が便利だと思ってたんですが、実は水平の方って、

  • 水平の読み取り機
    • カードを置く→店員「画面にタッチをお願いします」→私がQUICPay払いを選ぶ→QUICPay!→カードを取る

が正しいオペレーションじゃないのか…?と。

恐る恐る近所のコンビニで試してみたところ、すんなりスムーズに支払いが出来ちゃいました。ステップ数は変わらないですが、なんといっても一言もしゃべらないで済むのが良いですね。前に某ファストフード店で、「QUICPay使えますか?」って聞いたら、「はいどうぞ!」って言われたんで、タッチしたところダメだったのでもう1回聞いたら「あ、Edyしか対応してないんです」って言われたことがありました。私の滑舌が悪すぎたのか、店員さんが全然聞いてなかったのか…。いずれにしても、そんなトラブルが起こらないのはうれしいです(笑)

当たり前の話なのかもしれませんが、最近気付いたことでした。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大広告